株式会社ジーサウスシステムズ

ソリューション・サービス

送電線建設ソリューション

送電線建設・送電設備を熟知した弊社スタッフが、最新の技術で信頼性の高いシステム環境をご提案いたします。

ジーサウスシステムズでは 送電線建設における、仮設工事・基礎工事・鉄塔組立工事・架線工事の施工設計システムの開発をはじめ、送電線建設工事に特化したDB for LineMan(送電線工事・従事者情報管理システム) ・ NetStorage for JV(工事管理システム) ・ NetProject for JV(工程管理システム)等のご提案や、新たな送電線建設向けシステム・送電設備に関わる様々なシステムの開発をおこなっています。

送電設備に携わった豊富な経験と実績をもとに、送電線建設工事や送電線設備に関連するシステムのご提案と、ご要望に応じたシステムの開発をおこなっています。

送電線建設技術計算シリーズ

送電線工事を施工する企業にとって、施工設計計算(技術計算)は設備・環境・人に及ぼす影響は大きく、工事計画段階で最も重要なプロセスとなっています。
ジーサウスシステムズでは、施工・設計に携わった豊富な経験から、実際の施工に則した施工設計計算プログラムの開発をおこなっております。
送電線建設工事における各種工法に対応し、計算結果となる設計計算書は全て計算プロセスを印字する事で関係各所に提出する資料として活用でき、SI単位にも完全対応しております。

DB for LineMan

日々膨大化する工事契約・工事従事者・協力会社・施主・工事記録・関係書類等、全ての電子データに対し、セキュリティ面を強化したストレージ機能を構築し、これらの関連する情報を必要な時にあらゆる角度から、目的の情報を的確に抽出することが可能!!

工事管理システム

Net Project for JV 工事情報共有管理システム

独特の事業体系であることで、これまでネットワーク化が難しいと言われていた送電線建設工事において、電力会社や工事に関連するメンバー企業(JV構成会社・協力会社等)・現場事務所が、あたかも社内ネットワークを利用するかのように情報共有・情報交換が可能となります。

現状の工事施工管理では様々な電子ファイルによる情報のやりとりが標準となり、ファイルの容量もH/Wの進歩とアプリケーションの複雑化により肥大化し、セキュリティ上の問題点や電子メールの脆弱性および容量制限の問題点等も発生しています。

NetStorage for JV を導入し送電線工事に特化したしセキュアなストレージ空間を提供する事で、電子ファイルを利用した施工管理の問題点を解決し、工事管理部門と施工会社・現場事務所間で、施工時の情報共有や情報のやり取りが可能となり、工事施工管理や非常災害時対策等に威力を発揮します。

導 入 実 績
中国電力株式会社 500kV 島根原子力線新設工事
九州電力株式会社 500kV 川内原子力線電線張替工事
九州電力株式会社 220kV 一ツ瀬幹線ひむかssπ引込並びに関連工事
九州電力株式会社 500kV 日向幹線新設工事
九州電力株式会社 220kV 鹿児島幹線一部増強工事
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・
 ・

Net Project for JV 工事工程管理システム

離散した拠点(本社・支店・現場事務所・JV構成会社...)の工程・担当者をリアルタイムに一括管理

工程・進捗状況・担当者・協力会社を管理する場合、従来は各所にて作成された工程表・進捗管理表・人員管理表等を管理部門にファックスやメールで送付し、新たに全拠点を集計する必要がありましたが、「NetProject for JV」の導入により、サーバ・ソフトウェア等の資産を持たずにタイムリーな効率的管理が可能となります。

  • 必要なものはインターネットに接続できる環境とPCのみ
  • 離散した拠点の工程・進捗・担当者をリアルタイムに一括管理
  • 契約後すぐに利用可能
  • 運用・保守などの管理は全て弊社が行うので、IT技術者は不要

NetProject for JV 専用サイト

資料ダウンロード

PAGE TOP